INFORMATION / お知らせ

新年のご挨拶
2018.01.01

JUGEMテーマ:和食器通販

JUGEMテーマ:伝統文化

 

【2018年 明けましておめでとうございます】

 

 

西巻顕子です。

みなさまどんなお正月を過ごしですか。

 

 

 

 

昨年は、私にとって変化と学びの一年でした。

昨年初め、思いがけない大病が発覚し、大きな手術を経験しました。


そして、それに伴うかのように大きな仕事を受注し
正に、人生の大ピンチ・・・のはずなのですが、

今思えば、自分でも驚くほど冷静に病と向き合い、

目の前にある事実を受け入れ、

仕事は着実に全力で向き合い、全てのタスクをこなしてきた・・・、

そんな一年でした。

 

 

とことん自分と向き合った年とも言えます。
自分にとって、何が一番大切なのか?自分を大切にして生きているのか?

私は欲張りでマゾ体質なので、どんなにストレスを溜め込んでも、我慢しなければいけないと思ったり、
気が乗らない事もノリで引き受けてしまったり、
辛い仕事も、自分を極限まで追い込んでまでこなしてしまう癖がありました。

 

 

そして、生活全般も決して健康的ではなかったので
病が発覚した時の私の正直な感想は、「やっぱりきたか・・・」という感じ。

 

そんなワケで、昨年は約1年かけて自分のやっかいな癖を治す訓練をしていたようにも思います。

人生は常に選択で、自分を大切に出来る選択しか選んじゃダメ

病気がそれを教えてくれたと思っています。

私という身体は一つしかなくて、時間も限られている。

 

 

 


2017年に私が選択した事のいくつか・・・

 

☆お着物の着付けをマスターしました。
まだまだ下手なのですが、今年は母が遺してくれた沢山の着物達を上手に着こなしたいです!

 

 

 

☆東京ドームテーブルウエアフェスティバル2018
「テーブルウエア大賞」

2016年の大賞受賞、2017年の招待展示を最後に「もう出さない」宣言をしておりましたが、

上に書いたような体験の中で色々思うところあって、出す「選択」を下しました。
結果、「入選」です。

今年は、私個人ではなくスタッフと共に会社単位(AntennArt)で応募しました。

 

 

今年も全力で挑み、楽しんでいきたいと思っています!

今、こうして大好きなChampagneを飲みながら新年を迎える事が出来たのが、奇跡のように思えます。

昨年お世話になった全ての方に感謝致します。


今年もよろしくお願い申し上げます。

 

  (株)アンテナート 西巻顕子

2017年ありがとうございました&ご報告
2017.12.28

JUGEMテーマ:和食器通販

 

こんばんは 西巻顕子です。

本年度の営業は本日無事、終了させて頂きました。

今年お世話になった皆様、本当に有難うございました。

 

来年度の営業は、1月9日(火)からとなります。

今年は諸事情あって、少し長めに冬休みを頂きます。

どうかご了承下さいませ。

 

本年度(株)AntennArt は4期目を迎えました。

この3年間、当然の事ながら全てが安泰だったとは決して言えませんが

こうして無事に4期目を迎えられる事が出来ましたのは

弊社を支えて下さったクライアントやゲストの皆様はじめ

多くの協力業者様のお陰と、深く感謝致しております。

誠に有難うございました。

深く御礼申し上げます。

 

さて、一つ嬉しいご報告がございます。

東京ドーム「テーブルウエアフェスティバル」2018が、来年2月4日から開催されます。

その中での大きな目玉「テーブルウエア大賞〜優しい食空間コンテスト」にて、

「AntennArt Style」西巻顕子&小松早苗の作品が入選し、出展する事となりました。

 

写真は「2016 大賞・経済産業大臣賞招待展示 西巻顕子の作品です​

 

西巻顕子個人としては、過去に3年連続入選し、2014年・2016年と2度の「大賞・経済産業大臣賞」を受賞したコンテストですが、

今回はスタッフ小松と協力して作品を作り上げ、応募した作品です。

是非、ご覧頂ければ幸いでございます。

年に一度の大テーブル祭り、来年もまた多いに盛り上がって楽しんでいきたいと思っております。

「ブースNo2-33 Antennart style」となります。会場でお会い出来るのを楽しみにしております!

 

来年もまた、皆様の食卓に多くの喜びや驚き、そして感動をお届け出来れば幸いと思っております。

 

今年出会えた多くのゲストの方々、

数ある教室の中から、弊社のセミナーを選んで来て下さった方々、

AntennArt の器を選んでご購入頂いたお客様、

弊社のコンサルタントを受け入れて下さった法人・企業様

私共の無理難題・ワガママを沢山聞いて下さった、全国各地の窯元・作り手の皆様

弊社を取り上げて下さったメディアの方々

会社を支えて下さった、各士業の皆様

そして、頼りない私を支えてくれたスタッフや外注の皆様

 

本当に有難うございました。

心より御礼申し上げます。

 

来年はまた、今年とはまた違った試みや、イベント・セミナーなど沢山控えております。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

 

佳いお年をお迎え下さい。

 

株式会社 Antennart 

代表取締役 西巻 顕子

 

 

 

 

 

東京ドームテーブルウエアフェスティバル2017 大賞・経済産業大臣賞「特別招待展示」有難うございました。
2017.02.08

 

こんばんは、西巻顕子です。

 

東京ドームテーブルウエアフェスティバル2017では、本当に沢山の方々にご来場いただきまして、誠に有難うございました。

昨日撤去も終わり、寂しさの中にも一つの達成感を感じております。

 

3年前、2014年にはじめて「テーブルウエア大賞」にチャレンジし、ビギナーズラックで「大賞・経済産業大臣賞」を受賞し、身の丈に合わないにも関わらず会社を起業し、この3年間ひたすら「和」のこと、設え、器のこと、伝統工芸について、ただただ、がむしゃらに、、、生意気に。。突っ走ってきたような気がしています。

 

しかしながら、私には3年前と全く変わらぬ思いがあります。

それは、テーブルコーディネートを通し、「作り手」と「使い手」を繋ぎたい。

そんな思いでこの3年間、「作り手」であります沢山の伝統工芸士の方々、AntennArtのクライアントであります「使い手」の皆様と、とにかく楽しく学び、教えて頂きながらの今があります。

 

この場をお借りして、深く御礼申し上げます。

無知な私に沢山の事を教えて頂き、優しくお付き合い頂きまして、本当に有難うございます。

 

 

「テーブルウエア大賞」への挑戦は、今年でラスト!

だから、このコラボレーション展示はとにかく楽しく、悔いの残らないように・・・と。

ずっとやってみたかった、お一人様テーブルを作ってみました。

題して、「ダンディ男子の休日オフタイム」・・・ププㇷ゚・・・

 

 

この男子、茶道を嗜み・・・

ワインを飲みつつ、輪島塗の地球儀を眺め、世界を見渡し・・・

骨董に精通しながら、一人食事を満喫し・・・

 

 

お花もなかなかのお点前です!

 

 

高円宮久子様にも、このコンセプトをお話ししたらば・・・

少し笑われてしまいました・・・

そんな男子が本当にいたらば、少し引きますよね〜汗 いたら誰か教えて〜ww

 

 

宮様、本当に気さくで素敵な方でした!

 

テーブルウエアフェスティバル2017のレポート、少しずつですがブログにUPしたいと思っています。

(多分・・・きっと、毎年そう言って出来ない前科者・・・)

 

今年、最も圧巻だったのは何と言っても

輪島塗×伊万里鍋島のコラボレ―ション展示。

 

 

これぞ日本の美の最高峰ですね。

美しかった〜!!

 

 

 

☆レッスン告知☆

知る・愉しむ「日本の器」テーブルコーディネート教室 3月のレッスンのご案内です。

「春 〜感謝の気持ちを伝えたくて〜」

三月四月は、卒業・入学・異動・転勤・お引越し・入社・退職・・・などなど
そう、春は出逢いと別れのシーズンですね。
お祝い、送別、歓迎・・・いろいろなお気持ちを胸に食卓を囲む機会も多いのではないでしょうか。
3月のレッスンは、そんなシーンを想定したテーブルをご紹介したいと思います。

ご参加を心からお待ちしております。

日時:3月22日 (水) 13:30 〜 16:00

同レッスン内容で、下記日程でも行います。
3月23日 (木) 11:00 〜 13:30
  ⇒https://www.facebook.com/events/1774482689537345/
3月23日 (木) 18:30 〜 21:00
  ⇒https://www.facebook.com/events/759332354233455/
場所: 東京都江東区豊洲駅より徒歩8分
 (ご参加のお申込みをいただいた方に詳細をお知らせいたします。)

   
参加費:8,100円 (軽食付)
チケットをAntennArt サイトよりお買い上げください。 
チケット料金 8,100円/1チケット
       23,220円/3回チケット(7,740円/1回)
       45,360円/6回チケット(7,560円/1回)
                 *全て税込

複数回チケットはお友達とシェアされて一緒にご参加いただくことも可能です。

・一回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99813999
・三回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815145
・六回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815425  

参加希望の方は、直接メッセージでもOKです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

AntennArt ロゴに込めた思い
2016.03.18

JUGEMテーマ:和食器通販
JUGEMテーマ:テーブルコーディネート




こんにちは、西巻顕子です。

ちらほらと反響を頂いております、こちらのロゴ。
AntennArtのロゴです。

コンセプト
【 日本の伝統色「朱色」の線で描かれた日本の器「椀」
それは、「古き良き物と現代の洗練さをマッチングさせ、繋げ、広げる」というAntennArtの思い。
伝統と革新、作り手と使い手の「ご縁」を繋ぐ「赤い糸」です。】

私達の思いや、コンセプトを見事に形にして下さいました。

デザインをお願いしたのは、主に「Jins」のロゴやグラフィックを担当されている
ナニラニさん。
東京だけではなく、名古屋、そしてハワイにも拠点を持たれて、グローバルに活躍されています。
弊社のような弱小企業でも快くお引き受け頂き、感謝でいっぱいです!
(ご紹介頂いたM様にもこの場をお借りして御礼申し上げます)

残し伝えていきたい日本の伝統を「椀」の形に込め、作り手と使い手、伝統と革新を結ぶ
日本の伝統色「朱」で描かれたAntennArtの赤い糸。

伝統を残しつつもスタイリッシュで繊細、そして何よりも私の勘所を見事に押さえた仕上がりで、
このロゴからは様々なインスピレーションをもらっていて、今では私の相棒のような存在になっています。




名刺も一新
そして名刺入れも一新!

こちらの名刺入れは、「輪島キリモト」さんの名刺入れ。
素材は輪島の漆です。
「蒔地」という工法で、輪島の珪藻土を漆に何度も塗り重ね研ぐ、キリモトさん独特の手法。
表面硬度はガラスと同じ位で、傷や摩耗の心配がありません。
弊社でもお取扱いしておりますので、気になる方は是非お問い合わせ下さい。

4月からは、セミナー内容も会場もリニューアル。
そして、WEBSHOPの方も少しづつですが新たなアイテムやコーナーを増やしていく予定です!

ロゴに込めた思いを胸に、日々進化して行きたいと思います。


 

東京ドーム「テーブルウエアフェスティバル2016」 優しい食空間コンテストにて 「大賞・経済産業大臣賞」を受賞しました。
2016.02.15



「東京ドームテーブルウエアフェスティバル2016」テーブルウエア大賞 「優しい食空間コンテスト」にて
AntennArt 代表取締役 西巻顕子が、大賞・経済産業大臣賞を受賞しました。
2014年に続く2度目の受賞です。

いつも応援して下さっているお客様やゲストの皆様、お取引先の皆様
またこの作品を作るにあたりご協力をして下さった沢山の方々に、深く御礼を申し上げます。

連日、沢山の方々が作品を見に来て下さいましたが
「見に来れなくて残念でした・・・・」というお声も多数頂きましたので、
今回は取り急ぎ、作品のご紹介をさせて頂きます。



今回のコンテストの募集テーマは【「乾杯」〜伝えたい思いを乗せて〜】でした。
このテーマを基に、それぞれ個人のコンセプトを200字以内で考えて応募します。

私のコンセプトは【「乾杯」〜 from TOKYO】

【東京の街を歩き回り出会った伝統工芸の数々。江戸簾、江戸木箸、江戸硝子、江戸漆器、江戸指物、江戸中紋染、東京の土から焼いた「甲和焼き」、関東唯一の江戸鉄瓶、つりしのぶ。
この空間の物全て、東京の伝統工芸士による本物の手仕事。三代江戸っ子の祖母と母を招き、習いたての江戸懐石で祖母の誕生日を祝います。無知な私に本物を教えて下さった職人の方々に感謝と敬意の気持ちも込めて、「乾杯」〜 from TOKYO 】

「乾杯」というテーマに対し、タイトルがそのまま「乾杯」というのも安直すぎないか?
と散々悩んだのですが、どんなに考えてもこれ以上の物が考えつかなくて、イチかバチかで決めたタイトルです。

私は東京生まれ東京育ちで、両親も生粋の江戸っ子。
父は普通のサラリーマン一家ですが、母は下町の質屋の娘で、祖母の実家も下町の屋形船屋です。
そんな私が、ずっとやりたかった「東京」をテーマとした作品作り。
細々とですが、ずっと取材を重ねていました。

今回このような最高の形で作品を発表出来たこと、そして東京ドームでお披露目出来た事が、何よりも嬉しく思っています。







協力

甲和焼き 芝窯 陶芸家 林 信弘 様
nicorico 陶芸家 林 理子 様
東京都伝統工芸品 江戸簾 田中製錬所 代表取締役社長 田中耕太朗 様
江戸硝子窯元 田島硝子株式会社 代表取締役 田嶌大輔 様
株式会社 小松川鋳造所 江戸鉄瓶工房 取締役 横塚裕多加 様
江戸ゆかた染元 株式会社 高常 代表取締役 高橋栄一 様
つりしのぶ 萬園 深野恒正 様

細かいご紹介はまた追ってさせて頂きたいと思っていますが、
今回こちらの素晴らしい伝統工芸士、職人の皆様との出会いがこの作品に繋がりました。
この場をお借りして、敬意を表すと共に深く御礼申し上げます。

また、空間構成からずっと相談に乗ってくれて、設営時には多大な尽力を下さった
桑沢デザイン研究所の同窓生であり親友の、インテリアデザイナー國師崇世さん。

今回お花の相談に乗って下さり、私の無謀な願いを見事に叶えて下さった、築地「花伊之」 美濃和 達 様

足りない備品を快くご提供下さった、富樫 様

知る・愉しむ「日本の器」テーブルコーディネート教室に通って下さっているゲストの皆様

食空間コーディネーターの大先輩であり、いつも沢山の刺激と勇気を頂く
水谷聡美さま 西村浩子さま 吉岡理江子さま

そして、いつも精一杯のエールを送って下さり、毎年表彰式にも駆けつけてくれる高校の同級生。

そしてそして、もう一人。
いつも私を影で支え、助言、アドバイス(たまに説教・・・)をしてくれる弊社のスタッフ小松早苗。
彼女の後ろ盾無しには今回の作品は実現出来なかったと心底思います。

また、最後に。
毎年この時期、頭も身体も「コンテスト中心」となっている私を許し、理解し、応援してくれる家族、
恐らく一番迷惑をかけたであろう夫と息子、そして義母に。

心から感謝申し上げます。
本当に有難うございました。


株式会社 AntennArt
代表取締役 西巻 顕子





 

明けましておめでとうございます!
2016.01.06



2016年 明けましておめでとうございます。
AntennArt(アンテナート)の仕事始めは本日からとなります。

年末は、有難い事に予想を上まるご注文を頂き、30日ギリギリまで出荷作業に追われました。
本当に有難うございました。
12月1日にECサイトをオープンし、まだひと月ですが、様々な反響を頂き大変嬉しく思っております。
また、今まで気づく事のなかったご指摘を頂く事もあり、日々勉強の毎日です。
お客様のご意見は、本当に有難く弊社にとって貴重な糧となっております。
どうか引き続きAntennArt(アンテナート)をよろしくお願い申し上げます。

今年は、この通販サイトをさらに盛り上げてゆく事が大きな目標の一つです。
続々と新作のアップを控えておりますので、どうぞお楽しみにお待ち下さいませ!

近々のスケジュールですが
1月21日(木)10時半〜
知る・愉しむ「日本の器」テーブルコーディネート教室
川島織物セルコン 東京ショールーム にて開催です。
今回のテーマは、「大人のbitter Valentine」
詳しくはこちらまで!

1月31日(日)〜2月8日(月)東京ドームテーブルウエアフェスティバル2016
弊社代表 西巻顕子が今年も「テーブルウエア大賞」優しい食空間コンテストに入選しております。
代表がコンテストに挑戦するのはもうしばらく無いかと思いますので、
是非会場まで足を運んで頂けたら嬉しいです。

それにしても今年の暖冬は本当にびっくりですね。
過ごしやすいのは嬉しいのですが、キンと張り詰めた寒さも嫌いではないのでちょっぴり寂しくもあります。
しかしこういう冬に限って大雪が降るんだそうで・・・
商品の出荷や搬送に影響が出ない事を願うばかりです。

2016年もまたAntennArt(アンテナート)はスタッフ一丸となって邁進する所存です。
今年も皆様の食空間を美しく、楽しく、美味しくするお手伝いをさせて頂きたいと願っております。
引き続きよろしくお願い申し上げます。


  JUGEMテーマ:テーブルコーディネート
JUGEMテーマ:和食器通販

テーブルウエアフェスティバル2016入選しました!!3年連続入選・入賞なるか??
2015.12.18


こんにちは、西巻顕子です。

東京ドームテーブルウエアフェスティバル「優しい食空間コンテスト」一次審査の結果が発表されました。
毎年この時期になると、ポストを開ける度にドキドキ・・・。
私は、ちょうど外出中に他の方から結果が出た旨を報告され、
外出先での用事もソワソワ上の空・・・・。
家に帰ってポストを開けるのがもう、怖くて怖くてたまりませんでした。

今回ドームに挑戦した経緯は以下過去ブログより↓
http://utsuwayanishimaki.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

私にとって、今回の挑戦は一つの「賭け」みたいな思いもありました。
というのも3年連続入選したかった、というのが本音で
そして、東京ドームへの挑戦はもうこれで最後にしたかった、という思いもあります。

コンテストに挑戦するのは、自分への指標みたいな物ももちろんあって大切な事ですが、
私はとても不器用なので、コンテストに挑戦となったらもう、
それにまっしぐらで、他の事が手につかなくなってしまうのです。

立ち上げたばかりの会社にもやる事が山のようにあったり、
一応主婦なので家事もしなければならないし、そして何よりも家族の事、
小さな息子がいる私には一日に使える時間が本当に限られていて
それに加えて「コンテスト準備」は、他の事に大きな支障をもたらす事を三回目となればさすがに心得ていて。
もうこれ以上、家族や会社に迷惑をかけられない・・・

だから今回は、「これで最後にします」と宣言してからの挑戦でした。



正直、3回目にして今までで一番嬉しかった入選です!

というのも、今回の作品のコンセプトは、私が今までずっと温めてきたテーマで
少しずつ取材を重ねてきた内容で、今回沢山の方々にご協力を頂き実現出来たテーブルです。

そもそも、主催テーマが「乾杯」だったので。
「私、乾杯の数だけは絶対に誰にも負けない!!!!乾杯の数だけなら大賞確実!」
なんて、ほざいていたワケで・・・・汗

それを置いておいても、今回はその作品がドームで発表出来る、ただそれだけで嬉しくてたまりません!
是非、足を運んで頂けたら嬉しいです〜☆

東京ドーム「テーブルウエアフェスティバル」
2016年1月31日〜2月8日まで開催
https://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/



ここまで来たら、トロフィー3つ並べたいよ〜・・・・笑!
 

お知らせとご報告
2015.12.01

JUGEMテーマ:食器
JUGEMテーマ:和食器通販

株式会社AntennArt(アンテナート)は、平成27年11月28日を持ちまして会社設立1周年を迎えました。
これもひとえに、ご支援頂いておりますお客様や、お取引先の皆様のお陰と深く感謝いたしております。
誠に有難うございます。

会社設立当初より、様々な御引き合いやお話を頂戴し、貴重な経験や勉強をさせて頂きました。
まだまだ未熟な私共に、大きな期待を持って接して下さり、様々な事を教えて下さった各種お取引先様
弊社の商品を愛用して下さるお得意様、セミナーにご参加頂きましたゲストの皆様
設立間もない弊社を取り上げて下さったメディアの皆様
当社の力押しをして下さる各士業の皆様
サイト立ち上げにお力添えを下さった、デザイナー、カメラマンの皆様
弊社に関わった全ての皆様に深く御礼申し上げます。

この1年は、私共にとって将来の為の貴重な糧となりました。
重ねて御礼申し上げます。

さて、この度2期目を迎えるにあたり当初より予定しておりました
ECサイト(通販サイト)をオープン致しました!

兼ねてより、ご要望を頂いておりましたクレジットカード決済や
代金引き換えサービスを導入し、よりお客様の満足度向上に努めて参ります。

また、今まではセミナーやオープンギャラリー等でしかご覧いただけなかった商品の数々も
通販サイトではございますが、随時ご覧頂けるようになりました。
今まで、ブログやFacebookを通してお問い合わせ頂きました皆様には、大変ご不便をおかけしておりましたが
今後はますますのサービス向上に努めて行きたいと思います。

当社は、日本の伝統工芸品や日本の和食文化を、食空間コーディネートという手段により
国内外に広げ伝えて行く事を生業としています。
ですので、ただ和食器を販売するだけの通販サイトではなく
その器に込められた意味や、日本の伝統技術、伝統文化をお伝え出来る
そんなサイトに育てて行く所存です。

こちらのサイトは、本日産まれたばかりのお店です。
今後、日々進化していけるよう、スタッフ共々精一杯頑張る所存でございます!

また引き続き、各種セミナーやオープンギャラリー等は開催予定です。
どうか今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

2015年 12月1日
株式会社 AntennArt アンテナート
代表取締役 西巻顕子

*通販サイトオープンに伴い、ブログの移転しております!
今後は、こちらのブログを大いに盛り上げていきたいと思います。

↓通販サイトは、こちらから↓
http://www.antennart.jp/

↓過去のブログはこちらから↓
 知る・愉しむ「日本の器」











 
1

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top