INFORMATION / お知らせ

ストトンストトンストトントン♪
2016.01.07

JUGEMテーマ:伝統文化



こんにちは。七草囃子です。

あ、七草囃子ってわたくしの名前ではございませんよ。
タイトルの「ストトンストトンストトントン」 七草囃子(ナナクサバヤシ)の一節です。

1月7日、今日は七草粥を食べる日ですね。
そう、「1月7日は何の日ですか?」って訊かれたら、多くの人が「七草粥を食べる日」と答えるのではないでしょうか?
確かにそうなのですが、「何の日?」と尋ねられたら 「五節句のひとつ “人日” ですね。」と、さらっと大人の回答をしたいものです。(さらっと、、というのがポイントですよ〜!(^^)!)


“人日”とは
古代中国では、人を占う日として1月7日を人日と呼び、『七種菜羹(七種菜を入れた汁物)』を食し、無病息災を願っていました。また、官吏昇進をこの日に決めたことから、朝に七種菜羹を食べ立身出世を願ったという説もあります。
これが日本に伝わり、日本古来の若菜摘みの習俗と合体して、次第に汁から粥に変化していき『七草粥』が生まれたとされています。平安時代は宮中の儀式でしたが、江戸時代には一般に定着し、江戸幕府の公式行事として五節句のひとつになりました。
7日に七草粥を食するということは、一年の無病息災を祈ると同時にお正月の祝膳や祝酒で弱った胃腸を労わるためでもあり、理にかなった行事食であると言えます。


さて、七草粥、みなさんはどのように作られますか?
地方によっていろいろあるようですが、古来風習の一例を記してみますね。
1月6日の夜に、七草(せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ)を刻みます。
刻み方は七種叩きと言って、七種をまな板にのせ、包丁の背やすりこぎ、しゃもじやお玉などで一種を7回ずつ、
「唐土の鳥が日本へ渡らぬさきに七種ななくさストトンストトンストトントン」
と、拍子をとりながらたたいて切ります。
(この音をたてることが厄払いにもなると考えられているようですので、ここぞストレス解消!とばかりにトントンやってみてはいかがでしょう?)
そして、7日の朝におかゆを炊き前の晩に刻んだ七草とお塩を入れていただきます。
そう、七草粥は朝いただいてくださいね。



では、「人日」の日のテーブルのポイントを少し。。。
正式なことをいいますと、五節句ですので食卓・献立も「節日(せつじつ)」らしい格をもったものが必要になってくるのですが、慌ただしい朝にはなかなか難しいですよね。
そんなときのお役立ちは「折敷」
そして、お箸を柳丸箸(箸袋なし)にするとぐっと節日らしさがでてくると思います。
献立も、黒豆や田作りの残りを少しアレンジしたものなどお正月の“なごり”を感じるものを添えるとGood!!
(クックパッドcheck〜〜!!)

余談ですが、テーブルコーディネーター資格取得のための課題では、
テーブルと同時に献立も考えなければいけません。
この「人日」では、コーディネイトにも献立にも、“お正月のなごり” をさりげなく表現することが求められるのです。
これが難しいんだなーーー(-_-;) ワタクシ、「デザート・・・黒豆ゼリー栗きんとんを添えて」として
「お粥のあとにゼリーはありえません」と厳しい赤ペンが入って課題不合格!
(もちろん他にもチェックだらけでまっかっかなんですけどね。)

でも「お正月のなごりを表現」ってなんだか素敵だと思いませんか?
「和」の奥深さ。。。ほんに素晴らしいと思いはらしまへんか〜?←ここは、NHK連ドラ 朝ちゃんでお願いします。

さてさてそんな話はさておき、
いかがでしたでしょう? 「七草粥の日」のおはなし。
いえいえ「人日」のお話。。
(だいたい パソコンがjinjitsuと入力しても変換してくれず、hito変換hi変換と打たないと人日にならないのはどうゆうことでっしゃろ?! 
ほんに良識のないパソコンはんどすわ!プンプン)←
これも朝ちゃんでお願いいたします。

失礼いたしましたm(__)m
「人日」のこと、簡単にお伝えいたしましたが、調べるともっともっと面白いことがたくさんあります。
私はまだまだ勉強中ですが、行事の歴史やそもそもの意味を知ることによって、
それぞれの習わしの大切さを再認識し、出来る限りちゃんとやっていこうという思いが強くなってきました。(遅いけど。。)
基本を知った上で、出来る範囲で、、
ムリセズ、アセラズ、アキラメズ・・・ 頑張りたいと思います。


このBrogを読んで、
「よし!七草囃子歌いながら七草粥つくろ♪ 来年は。。。」
「よし!人日らしい食卓作ってみよ♪ 来年は。。。」
と、思っていただけたら光栄です。

いえいえ、お夕食まだの方、夕ご飯でもいいじゃないですか!
朝食べられなかった方は、ぜひ七草粥召し上がってくださいね。
(スーパー、七草もう安くなってるかも〜☆☆)






ところで、
今回のBrog、なんだかいつもと感じが違うな〜〜と思われたアナタ!
すごい! 相当なAntennArt通になっていただいておりますね。ありがとうございますm(__)m
はい、今回は初めて、スタッフ小松が担当させていただきました。
どうも西巻のように格調高い文章が書けません。ホントに真剣に書いているのですが、な〜んだかこうなってしまいます。
こんなワタクシですが、今後もちょくちょく登場させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

                             

 

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top