INFORMATION / お知らせ

6月のレッスン報告 花と器〜AntennArt Style〜 水無月 「紫陽花を食卓に」
2016.07.12

JUGEMテーマ:フラワースクール

JUGEMテーマ:和食器通販

こんにちは、ご無沙汰しています。小松早苗です。

 

最近Brogのアップが滞ってしまっていて、今頃6月のレッスン報告。。(-_-;)

本当に申し訳ありません。

 

六月は、紫陽花を、いわゆる「花器」ではなく、「食の器」に生けていきました。

 

津軽びいどろの大皿

粉引の中鉢

アクリルのお重箱

有田焼の大皿

山中塗のワインクーラー  etc…

 

みなさんお好きな器を選んで生けていきますが、

まず最初に、里山先生から

お花の水揚げの仕方、オアシスの固定の仕方、オアシスへの水の仕方などの説明です。

レジメには、

  ☆紫陽花の下処理

    焼く  煮る   割る   砕く  などなど

と書いてあります(;゚Д゚)

 

   焼く?!  煮る?!

 

さすが現場一筋の先生ならではのテクニックの説明に、みなさん「へー」「ほー」の連続です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いつものことですが、

みなさんのアレンジが先生のアドバイスによってどんどん、より素敵になっていくのがすごいです。

それは先生のアドバイスの的確さもありますが、

それに応えようとされるみなさんの向上心と集中力がすごいなーと、

私はいつも感心し、見習わねばと思ってしまうのです。

 

 

 

 

お手本のない、このレッスン。
同じ花材を使っても、皆さんそれぞれ全く違うものが出来上がります。
面白いですね〜〜。
今月は、このアレンジと更にブーケのおみやげもお持ち帰りいただきました。
里山先生、いつもほんとに贅沢に材料を用意してくださいます。感謝(*^^*)

 





7月は、生花の管理が難しい盛夏、
フラワーアレンジレッスンは生花をお休みし、プリザーブトフラワーとアーティシャルフラワーを使って、フラワーボックスに挑戦します。

使っていくboxは……

AntennArtらしく、「お重箱」

 

和の伝統を既成概念にとらわれることなく、自由に、使いやすく、モダンに、現代のライフスタイルにあった形で…という思いで、現代漆器を世に送り出されている石川県山中の「北市漆器店」様の三段お重箱の一段を使って作っていきます。
もちろん、お重箱は三段すべてお持ち帰りいただけますよ。

 

そして、
アフターレッスンは、アレンジ作りに集中した頭をときほぐすスイーツタイム。

感度の高い参加者の皆さまとのおしゃべりもこのレッスンの魅力です。

みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

 日時:7月26日(火) 13:30〜15:30

 場所:東京都江東区豊洲駅徒歩8分
    (ご参加申込頂いた方に詳細をお知らせいたします)

 講師:フラワーアーティスト 里山輝美

 参加費:10,800円(花材、お重箱、お菓子・drink付き)
    チケットをAntennArtサイトよりご購入ください。

 持ち物:参加チケット

参加チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99814148
(クレジットカード、代金引換決済、銀行振り込みがお選び頂けます)

参加をご希望の方は、チケットをご購入いただくと同時に、参加申込のメッセージをお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top