INFORMATION / お知らせ

二百十日と八朔のおはなし
2016.08.31

こんにちは、小松早苗です。

今日で8月も終わりですね。

8月の最終日。
今年は、今日が二百十日(にひゃくとおか)にあたります。
立春から起算して210日目。


農作においては稲の花が開花する大切な頃ですが、
台風が相次いで襲来し、農作物が被害を受けてしまうこともよくある時季です。
農家にとっては油断のならない厄日として、戒めるようになったそうです。

人々はこの日を恐れて警戒し、風を鎮める祭りを行って収穫の無事を祈るようになりました。

日本各地にこの風祭りはあるようですが
有名な越中八尾「おわら風の盆」は、風を鎮める豊年祈願と盆踊りが融合したお祭り。

なんて偉そうに書いておりますが(^^;
最近こういうことを勉強するようになって初めて、二百十日と風の盆の関係を知りました。
なぜか私のなかでは「風の盆」ってどうも艶っぽいイメージで、、、(たぶん小説や映画の影響…
「笠の下に見え隠れする陰影のある女の顔に……」的な。 スミマセン(-_-))


という…
二百十日の今日。



そして明日9月1日は、旧暦の8月1日です。
旧暦では、月の初日のことを朔日(さくじつ)といい、8月1日は八月朔日、「八朔(はっさく)」となります。

この頃に実る早稲の穂をお世話になった人へ贈る習慣があったことから、田の実の節句とも呼ばれ、そこから日頃の恩にお礼をする日になりました。


京都の夏の風物詩、八朔。

芸舞妓さんたちが黒紋付の正装姿で、日頃からお世話になっているお師匠さんやお茶屋さんに挨拶に回る花街の伝統行事。
これは現在新暦8月1日に行われていますが
もともとは、そういう農村の習慣から始まっているんですね。

「二百十日」 「八朔」
これに加えて、立春から数えて220日目の「二百二十日」は
今のような天気予報のなかったいにしえより
台風が来て 天候が荒れやすいと語り継がれてきた先人の知恵
農家にとっての三大厄日なのだそうです。

このところの連続の台風。
まさに納得の話ですよね。
どうかこれ以上大きな被害がでませんように。。



テーブルコーディネートを学んでいくにしたがって、日本の伝統や風習について全く無知な自分に気付かされました。まだまだ学びの浅い私ですが、自分の中での整理の意味もこめてここにアップさせていただいております。
間違っていることやお気付きの点がありましたら
どうぞ教えて下さい。よろしくお願いいたします。

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top