INFORMATION / お知らせ

東京ドームテーブルウエアフェスティバル 
2018.02.14

JUGEMテーマ:テーブルウェアフェスティバル

JUGEMテーマ:テーブルコーディネート

 

 

こんにちは、西巻顕子です。

 

 

 

テーブルウェアフェスティバル2018も終わり、余韻に浸っている間もなく、

期間中に溜まった事務処理やらお仕事、

そして新たな企画でバタバタな毎日です。

 

いつになったらゆっくり出来るのか?

温泉に行きたいなー(遠い目…)

 

さて、今年の優しい食空間コンテストでは、弊社のゲストの方も何名か入選しており本当に嬉しい限りです!

 

image


こちらの素敵なイースターのテーブルもその一つ。

彼女は初めての応募で見事入選です!

とても初めてとは思えない素晴らしい作品でした。

 

image

 

image


私は、コンテストのコンサルをさせて頂いておりますが、今年は本当に勉強になりました。

 

というのもこちらの作品は、助言らしい助言は一切せず、

応募に関する注意事項や設営についての相談や撮影に立ち会っただけで、

ほぼ彼女一人で時間と手と足を使って作り上げた作品です。

 

image


可愛らしいウサギちゃんも、彼女が自ら探してきたもの。

イースターテーブルは、甘くファンシーになりがちですが、こちらは見事なセンスで上質な大人の空間に仕上がっています。

 

彼女は、「我が家で心の篭ったおもてなし」を再現したいと

ただただそれだけを考えて作品作りに励んでいました。

 

どうすれば入選するか?賞を取れるか?

人に勝つためにはどうすれば??

といったような気持ちは一切なく、

「私が出来る最高のおもてなし」をとことん表現しようと邁進していました。

 

image

 

コンソールの上もセンス良くまとまっています。

 

今回のコンテストは沢山の事を学ばせて頂きました。

作品は、作者の分身そのもの。

どれだけ強い思いや願いがあったのか?

そこが大きな大きなポイントとなります。

 

来年もまた是非チャレンジしてみて欲しいです。

もちろん私も、気力と体力がある限り挑戦し続ける予定です。

今から妄想がふくらんで止まりません!

 

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top