INFORMATION / お知らせ

大人エレガントに上巳の節句
2018.03.02

JUGEMテーマ:和食器通販

JUGEMテーマ:伝統文化

 

 

こんにちは 西巻顕子です。

明日3月3日はひな祭り。

 

みなさまいかがお過ごしになられますでしょうか?

 

我が家も、そして弊社Director小松も子供は男の子しかいないので

毎年ひなまつりは今一つ盛り上がりに欠けるのですが・・・・

 

 

ちらし寿司 はまぐりのお吸い物 菱餅 ひなあられ 白酒・・・

ひな祭りの行事食。

全部ではなくて少しでも準備して、ひな祭りらしい食卓を囲みたいものですね。

 

 

 

ここ数年のひな祭りの「うつわアレンジ」の写真を引き出してみました。

 

 

 

輪島塗の扇面折敷を川の流れに見立てて、ひなあられを流してみました。

有田焼 菊割の白磁とのコントラストも綺麗ですね。

 

我が家のように女の子がいない上巳の節供は、女友達とエレガントに楽しむのもまた楽しいものです。

とか言いながら、大気名分は何でもよし・・・つまり、飲んでお喋りがしたいだけなのですが・・・笑

 

 

 

 

ところで、「上巳の節供」 聞き慣れない言葉と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

五節句の一つである、「ひな祭り」の事です。

 

古来中国から伝わり、日本では奈良時代に定められた行事です。

三月の巳の日に川に入ってケガレを浄める上巳節がその根源で、

やがて宮中行事の「ひいな遊び」と習合して、女の子の健康と幸せを願う「雛祭り」に発展しました。

 

春は季節の変わり目、体調にも変化が現れる時期として、無病息災の祈りで川に出て水を浴び、身を浄めていたという説も。

今では、「流し雛」と言って雛人形の原型ともなる「ひとがた」という紙で出来た着物を着せた人形に穢れを移し、川に流す風習も残されています。

 

 

ひなあられの川に紙で作ったひとがたを流した室礼。

室礼は形としてではなく、この室礼を作っている時、その行為に向き合う時の気持ちがとても大切です。

とても清々しい気持ちになるものです。

 

みなさまも少し生活の中に取り入れて見ませんか?

 

アンテナートのレッスンでは、器アレンジだけでなくこのようなこともお伝えしております。

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

 

 

 

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top