INFORMATION / お知らせ

美濃焼 伝統を語り継ぐ窯元を訪ねて
2018.03.06

JUGEMテーマ:伝統文化

JUGEMテーマ:和食器通販

JUGEMテーマ:テーブルコーディネート

 

 

こんにちは 西巻顕子です。

 

今日は3月6日

二十四節気七十二候では、今日から啓蟄 初候蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)。

 

まさに三寒四温という言葉がぴったりの今日この頃ですが

春は着実に近づいて来ていますね。

 

 

先日美濃焼についてのブログをアップしました。
土岐・多治見・瑞浪に多く点在する美濃焼の工房は地域や工場によって様々な特徴がありますが、

今回は美濃焼の特徴やルーツについて書いて見ようと思います。

 

 

室町〜安土桃山時代に黄金期を迎えた美濃焼。

江戸時代以降になると人口の多い江戸の民衆向けの器を作るようになっていきます。

これが現在、日本一の生産量を誇る美濃焼のルーツとなっています。

 

訪れたのは8月中旬の猛暑日。

滋賀県の多治見・土岐地方は日本で一番暑い街と知られていて、その日の気温は35度程でしたが、窯元さんに言わせれば、それでもまだ涼しい方だったとか・・・

そんな中、熱風が立ち籠る窯の傍で作り手の方々は手を休める事なく黙々と作業を続けます。

まさに、職人魂を感じる一瞬ですね。

 

 

美濃の地は良質な陶土に恵まれた土地で、かつて平安時代には、陶器を税として納めていたほどです。

 

戦国時代には、織田信長を筆頭に茶道具などの焼き物を「名物」として、城や国以上の価値を持つ物もあったのだとか・・・

 

本能寺で信長が倒れた際には、同時に数百億円相当の「名物」と共に散ったと言われています。今では考えられない価値観ですが、昔の人の美意識と贅沢を楽しむ心の優雅さには、

ロマンを感じてしまいます。

 

 

〜日常暮らしのマストアイテム美濃焼〜

 

江戸時代以降、美濃焼は庶民向けに茶碗や湯呑などの日常品を多く焼くようになっていきます。そして外食文化の発展もあり、江戸の庶民の間では、お酒を楽しむ人が増え、徳利(とっくり)の需要が増え始めます。

美濃では徳利を作る窯元が増えて行き、徳利の大産地にもなって行きました。

 

江戸後期になると、食器に限らず植木鉢などの日用品も次々と焼かれるようになり、美濃焼の窯元は大盛期を迎えます。

 

そんな背景から、今でも日常的に使う食器が美濃焼である可能性はかなり高く

美濃焼は、その時代の人々の生活に寄り添い、生活を豊かにする物を焼き続けてきました。

そしてそれこそが美濃焼のDNAとなって今もそれが受け継がれているのです。

 

今回尋ねた窯元さんも、そんな美濃焼のルーツが見事に受け継がれていて、

織部や黄瀬戸などの伝統的な器をはじめ

それを現代の要望に進化させたカラーヴァリエーションやフォルム違いの器など

モダンでクラシックな器に溢れる工房では、作家達が日々新しいデザインや技法に挑戦し続けています。

 

 

私達の食器棚の中にも必ず一つは美濃焼があるのではないでしょうか。

そんなDaily使いの王様、それが美濃焼。

是非、多治見や土岐の「窯元」巡りに出かけて、自分だけの唯一無二の美濃焼を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

朱のスクエア皿→http://www.antennart.jp/?pid=97572037

朱の切立鉢→http://www.antennart.jp/?pid=97572545

こちらも美濃焼です。

 

 

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top