INFORMATION / お知らせ

二百十日と八朔のおはなし
2016.08.31

こんにちは、小松早苗です。

今日で8月も終わりですね。

8月の最終日。
今年は、今日が二百十日(にひゃくとおか)にあたります。
立春から起算して210日目。


農作においては稲の花が開花する大切な頃ですが、
台風が相次いで襲来し、農作物が被害を受けてしまうこともよくある時季です。
農家にとっては油断のならない厄日として、戒めるようになったそうです。

人々はこの日を恐れて警戒し、風を鎮める祭りを行って収穫の無事を祈るようになりました。

日本各地にこの風祭りはあるようですが
有名な越中八尾「おわら風の盆」は、風を鎮める豊年祈願と盆踊りが融合したお祭り。

なんて偉そうに書いておりますが(^^;
最近こういうことを勉強するようになって初めて、二百十日と風の盆の関係を知りました。
なぜか私のなかでは「風の盆」ってどうも艶っぽいイメージで、、、(たぶん小説や映画の影響…
「笠の下に見え隠れする陰影のある女の顔に……」的な。 スミマセン(-_-))


という…
二百十日の今日。



そして明日9月1日は、旧暦の8月1日です。
旧暦では、月の初日のことを朔日(さくじつ)といい、8月1日は八月朔日、「八朔(はっさく)」となります。

この頃に実る早稲の穂をお世話になった人へ贈る習慣があったことから、田の実の節句とも呼ばれ、そこから日頃の恩にお礼をする日になりました。


京都の夏の風物詩、八朔。

芸舞妓さんたちが黒紋付の正装姿で、日頃からお世話になっているお師匠さんやお茶屋さんに挨拶に回る花街の伝統行事。
これは現在新暦8月1日に行われていますが
もともとは、そういう農村の習慣から始まっているんですね。

「二百十日」 「八朔」
これに加えて、立春から数えて220日目の「二百二十日」は
今のような天気予報のなかったいにしえより
台風が来て 天候が荒れやすいと語り継がれてきた先人の知恵
農家にとっての三大厄日なのだそうです。

このところの連続の台風。
まさに納得の話ですよね。
どうかこれ以上大きな被害がでませんように。。



テーブルコーディネートを学んでいくにしたがって、日本の伝統や風習について全く無知な自分に気付かされました。まだまだ学びの浅い私ですが、自分の中での整理の意味もこめてここにアップさせていただいております。
間違っていることやお気付きの点がありましたら
どうぞ教えて下さい。よろしくお願いいたします。

安芸門徒のお盆
2016.08.14

こんにちは、小松早苗です。

ただいま、お休みをいただいて広島にお盆のお墓参りのために帰省しております。

 

 

みなさまは、どんなお盆をお過ごしでしょうか?

お盆…
迎え火を焚き、精霊馬や盆棚を作り、ご先祖様をお迎えし送り火を焚いて送り出す。

ということを聞いたりテレビや本では見たりするけれど

私の半世紀を越える人生には全く縁のないものです。我が家が、ちゃんとしてなかったからなのかなー?とも思ったりもしたのですが、結婚した嫁ぎ先でもなかったし、回りでも見たことはありません。

その理由をやっと最近知りました(^^;

 

 (画像が悪くて申し訳ありません。先日のお稽古での私のしつらえ。初めて胡瓜と茄子に割り箸さしました!)  


 

我が家は浄土真宗。
浄土真宗には、お盆にご先祖様が帰ってくるという考え方がそもそもないんだそうです。

「ご先祖は浄土で仏様となっているので、霊となってあっちの世界やこっちの世界をウロウロしているということはなく、お盆の時期だからといって特別に戻ってくることはない……というのが浄土真宗の考え方。だからといって、お盆行事をおろそかにしているということではありません。ご先祖様を尊ぶ気持ちは皆同じ。命をいただいたご先祖、そして仏様に感謝をするという意味で法要が行われています。」

と、浄土真宗のお坊さんがおっしゃってました。

 


でも、盆燈籠というのはあるんです。

初盆では白の燈籠、それ以外のお墓には色燈籠をお供えします。

昔は夕方お参りして、中にろうそくを灯していました。

我が家は田舎で、お墓は、墓地ではなく家から見えるちょっと小高いところにぽつんとぽつんと三軒分位しかありませんでしたので、夕闇の中にぽわんと浮かんでいるように見える盆燈籠の色はとてもきれいで幻想的でもありました。

今でも目に浮かびます。
でも、風が吹くと燈籠が燃えてしまうこともよくありました。

なので、火事を恐れ、いつの頃からかろうそくを灯す習慣はなくなりました。

 

 

この盆燈籠は安芸門徒(広島近辺の浄土真宗信者←かなりはしょった説明です。スイマセン)の習慣なのかと思っていましたが、
浄土真宗の教えとは関係が無く、宗教と関係の無い各地にある習俗と同様に、広島旧市内の安芸門徒を中心に伝承してきた習俗が、昭和40年代から宗派を越えた広島の盆習俗、風俗となり現代に至っているらしいです。。

そもそもは、現在の紙屋町あたりの紙商人さんの愛娘が死去したときに、ご両親がその死を悼んで灯ろうを作って墓に飾ったのが始まりだということです。

 

 

という訳で
精霊馬を飾る家庭に育たなかったけど、それには理由があったのだと、安心した今年のお盆でございました(^o^;)

早いもので、母が亡くなって18年。
病の中で長男の受験を応援してくれながら、結果を知ることなく亡くなりましたが、その長男が30歳。
「お母さん、生きていたらきっと、

まだ結婚しないのかと心配しているでしょうね。」
と、お墓の前でそんな話をして参りました(*^^*)

 

お盆について色々書きましたが、お気付きの点や間違ってることがありましたらぜひ教えていただきたいと思います。

よろしくお願いしますm(__)m

 

 

JUGEMテーマ:伝統文化

 

「立秋」 暦の上では秋ですが…
2016.08.08

こんにちは、小松早苗です。



 



 



昨日は立秋でしたね。

だけど、
だけど、、

暑い〜〜〜〜(>_<)(>_<)(>_<)(>_<)


多治見では40度に手が届きそうな位の気温だったとか!?
来週社長は多治見に出張なのですが、大丈夫かしら?(^^;
熱中症にならないように、ペットボトル常備必須よ!




二至二分(夏至 冬至 春分 秋分)
四立(立春 立夏 立秋 立冬)
を合わせて八節、
季節の節目ですね。


いつもレッスンでは、
日本の伝統行事や四季を大切にした食卓を作っていくためにと、
レッスンの最初、その回のテーマに入る前に、
その日の二十四節季七十二候を確認することから始めています。


この暦と太陽暦の実際とはズレがあり

例えば、
七月七日の七夕は梅雨の真っ最中で、織姫さまと彦星さまはなかなか逢えません。
でも旧暦では、七夕は明日、八月九日。
一年に一度の逢瀬が叶う可能性はぐっと高まりますよね。


そして、『立秋』なのに真夏日。。

この頃の決まり言葉は
『暦の上では、秋ですが……』

はい、まさに決まり言葉!(笑)


というように
ズレ感満載でピンとこないと思われる方もいるかもしれませんが、

なんていうんでしょう、
“兆し” ?
“季節探し”?

例えば、まだまだ寒い一月十日頃
『水泉あたたかを含む(しみずあたたかをふくむ)』
〜〜地中で凍っていた泉があたたかさを含み動き始める時期〜〜

地上は厳寒だけれども、間違いなく春は近づいてきてると思うと
なんだか嬉しくなって、寒くて沈みがちだった
気持ちが明るくなります。(私、基本単純なので……(^^;)


翻って
立秋。。

初候は、『涼風至(すずかぜいたる)』

涼風どごろか、「熱風至」の超真夏日の立秋の日に
“秋の兆し”を感じるのはなかなか難しいけれど

逆に

『立秋 だ・か・ら、“秋の兆し”を取り入れる』
という楽しみ方はどうでしょう。







 





というわけで、
シルバーの縁取りのボーンチャイナに染付の蓋物で基本涼やかに
そして、お花とワイングラス、ミニお重の溜でちょっと秋の兆しを感じさせてみました。
って、感じたのは私だけかもしれませんが〜(>_<)
(私、基本、単純なので……(^^;)

でも、ま、それでもいいかな?って思うんですよ(*^^*)



楽しみましょ♪

 







 


ストトンストトンストトントン♪
2016.01.07

JUGEMテーマ:伝統文化



こんにちは。七草囃子です。

あ、七草囃子ってわたくしの名前ではございませんよ。
タイトルの「ストトンストトンストトントン」 七草囃子(ナナクサバヤシ)の一節です。

1月7日、今日は七草粥を食べる日ですね。
そう、「1月7日は何の日ですか?」って訊かれたら、多くの人が「七草粥を食べる日」と答えるのではないでしょうか?
確かにそうなのですが、「何の日?」と尋ねられたら 「五節句のひとつ “人日” ですね。」と、さらっと大人の回答をしたいものです。(さらっと、、というのがポイントですよ〜!(^^)!)


“人日”とは
古代中国では、人を占う日として1月7日を人日と呼び、『七種菜羹(七種菜を入れた汁物)』を食し、無病息災を願っていました。また、官吏昇進をこの日に決めたことから、朝に七種菜羹を食べ立身出世を願ったという説もあります。
これが日本に伝わり、日本古来の若菜摘みの習俗と合体して、次第に汁から粥に変化していき『七草粥』が生まれたとされています。平安時代は宮中の儀式でしたが、江戸時代には一般に定着し、江戸幕府の公式行事として五節句のひとつになりました。
7日に七草粥を食するということは、一年の無病息災を祈ると同時にお正月の祝膳や祝酒で弱った胃腸を労わるためでもあり、理にかなった行事食であると言えます。


さて、七草粥、みなさんはどのように作られますか?
地方によっていろいろあるようですが、古来風習の一例を記してみますね。
1月6日の夜に、七草(せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ)を刻みます。
刻み方は七種叩きと言って、七種をまな板にのせ、包丁の背やすりこぎ、しゃもじやお玉などで一種を7回ずつ、
「唐土の鳥が日本へ渡らぬさきに七種ななくさストトンストトンストトントン」
と、拍子をとりながらたたいて切ります。
(この音をたてることが厄払いにもなると考えられているようですので、ここぞストレス解消!とばかりにトントンやってみてはいかがでしょう?)
そして、7日の朝におかゆを炊き前の晩に刻んだ七草とお塩を入れていただきます。
そう、七草粥は朝いただいてくださいね。



では、「人日」の日のテーブルのポイントを少し。。。
正式なことをいいますと、五節句ですので食卓・献立も「節日(せつじつ)」らしい格をもったものが必要になってくるのですが、慌ただしい朝にはなかなか難しいですよね。
そんなときのお役立ちは「折敷」
そして、お箸を柳丸箸(箸袋なし)にするとぐっと節日らしさがでてくると思います。
献立も、黒豆や田作りの残りを少しアレンジしたものなどお正月の“なごり”を感じるものを添えるとGood!!
(クックパッドcheck〜〜!!)

余談ですが、テーブルコーディネーター資格取得のための課題では、
テーブルと同時に献立も考えなければいけません。
この「人日」では、コーディネイトにも献立にも、“お正月のなごり” をさりげなく表現することが求められるのです。
これが難しいんだなーーー(-_-;) ワタクシ、「デザート・・・黒豆ゼリー栗きんとんを添えて」として
「お粥のあとにゼリーはありえません」と厳しい赤ペンが入って課題不合格!
(もちろん他にもチェックだらけでまっかっかなんですけどね。)

でも「お正月のなごりを表現」ってなんだか素敵だと思いませんか?
「和」の奥深さ。。。ほんに素晴らしいと思いはらしまへんか〜?←ここは、NHK連ドラ 朝ちゃんでお願いします。

さてさてそんな話はさておき、
いかがでしたでしょう? 「七草粥の日」のおはなし。
いえいえ「人日」のお話。。
(だいたい パソコンがjinjitsuと入力しても変換してくれず、hito変換hi変換と打たないと人日にならないのはどうゆうことでっしゃろ?! 
ほんに良識のないパソコンはんどすわ!プンプン)←
これも朝ちゃんでお願いいたします。

失礼いたしましたm(__)m
「人日」のこと、簡単にお伝えいたしましたが、調べるともっともっと面白いことがたくさんあります。
私はまだまだ勉強中ですが、行事の歴史やそもそもの意味を知ることによって、
それぞれの習わしの大切さを再認識し、出来る限りちゃんとやっていこうという思いが強くなってきました。(遅いけど。。)
基本を知った上で、出来る範囲で、、
ムリセズ、アセラズ、アキラメズ・・・ 頑張りたいと思います。


このBrogを読んで、
「よし!七草囃子歌いながら七草粥つくろ♪ 来年は。。。」
「よし!人日らしい食卓作ってみよ♪ 来年は。。。」
と、思っていただけたら光栄です。

いえいえ、お夕食まだの方、夕ご飯でもいいじゃないですか!
朝食べられなかった方は、ぜひ七草粥召し上がってくださいね。
(スーパー、七草もう安くなってるかも〜☆☆)






ところで、
今回のBrog、なんだかいつもと感じが違うな〜〜と思われたアナタ!
すごい! 相当なAntennArt通になっていただいておりますね。ありがとうございますm(__)m
はい、今回は初めて、スタッフ小松が担当させていただきました。
どうも西巻のように格調高い文章が書けません。ホントに真剣に書いているのですが、な〜んだかこうなってしまいます。
こんなワタクシですが、今後もちょくちょく登場させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

                             

 

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top