INFORMATION / お知らせ

6月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」  七夕 夏の夜空に一興
2017.07.03

JUGEMテーマ:和食器通販

JUGEMテーマ:伝統文化

 

 

 

 

 

 

こんにちは 小松早苗です。

 

7月です。

今年も半分終わってしまいましたね。

なんて早いんでしょう。。。

 

 

 

 

 

♪眠ってる間に

夢見てる間に

時は流れ、過ぎて行く

子供の頃はもう夢の中

時は 時は今も過ぎて行く。。

 

 

つい口ずさんでしまうジョルジュ・ムスタキの「 IL EST TROP TARD 」の一節。

日本語の題名は「時は過ぎて行く」ですが、

直訳すると「もう遅すぎる」。。。( ̄◇ ̄;)

 

 

 

いえいえ

 

 

「今日の日は初日」という言葉もあります。

私はこの言葉を、先日亡くなられた小林麻央さんのブログで知りました。

人生という名の舞台。

毎日が、今日から始まる公演の初日。

 

 

時の流れの早さに愕然とし、

過ぎた時にうろたえながらも

「今日の日は初日」と言い聞かせる毎日です。

 

 

 

 

 

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが

6月「七夕 〜夏の夜空に一興〜」のレッスン報告をお届けします。

 

 

レッスンの最初はいつもの通り

二十四節気七十二候で季節を確認。

そう、一年の半分が終わりということで

「夏越の祓え」についても取り上げました。

 

 

半年のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈る「夏越の祓え」

6月の30日のFBには、「茅の輪くぐりに行ってきました」とアップされている方、結構いらっしゃいましたね。

 

 

 

そして、今月のテーマ「七夕」に入ります。

 

日本の文化は、日本の古来信仰と中国から入ってきたものの習合でできている

という話から

では、七夕はどんな日本古来信仰と中国の何が習合して出来上がってきたものなのか

そして

冷泉家の七夕について

家庭ではどんな七夕のしつらえができるか

テーブルにはどんな要素で表現して行くか

などについてお話させていただきました。


七夕は日本ではもともと、麦を始めとする夏の収穫を感謝する行事でもありました。

青紫聯芳のなすとうりに

トマトの赤とまくわうりの黄色 

そして、小麦でできた五色素麺を加えたこんなしつらえはいかがでしょう。

 

盛り鉢は、丹波焼市野秀作さんの灰彩釉 大鉢

 

 

 

緑(青)赤黄紫(黒)の作物が入りましたので、

下の写真は

願い事や収穫感謝の言葉を書いた白の短冊を加えてみてはどうでしょう

と置いてみたところです。 

これで五行説の五色になりますね。

(ち、ちょっと盛りものが崩れてますね(>_<)
この写真しかないのが残念。)

斜めに走らせたランナーは、二枚仕立ての麻の暖簾を一度外して縫い合わせたものです。

(と言いたいところなのですが、私今ミシンがなくて両面テープで繋いでいます。トホホ)

 

 


折敷は京雅作家YUKIさんの作品。

なんと土台はダンボール。

表裏別柄の和紙が貼ってあり、リバーシブルで使えます。

もちろん、しっかりコーティングしてあるのでお水がこぼれても心配ありません。

 

 

 

 

 

その上に置いたガラス皿に、七夕といえば梶の葉。

もう少し大きい葉だったらよかったんですけどね〜。

そこに 

つくね はも うり 稚鮎の飴煮 オクラを巻いた出汁巻玉子(切り口が星になるので七夕らしいかなと)

旬のアミューズを生徒さんそれぞれで盛り付けていただきました。

ふたつきガラス碗の中は冬瓜の冷製あんかけです。

鮎が泳いでるのもありますよ。

個性色々で楽しいですね。

 

大皿に盛った焼き物は、さわらの西京焼き なす・ししとうの素揚げ

銀箔皿を取り皿として。

日月椀の中にはお素麺

薬味とお出汁は別添えで。

今回はトマトと薬味たっぷりの変わりぶっかけ素麺で召し上がっていただきました。

 

お酒は獺祭スパークリングをご用意しました。

 

 

 

 

本来

七夕は五節句ですから、格で言えば行から草の食卓でなければいけません。

そういう意味では

ガラス皿の上に重ねてガラス碗はありえませんし、

箸は利休箸、焼き物の取り箸も青竹でなくてはいけません。

 

そのようなことを説明した上でご紹介した今回の七夕のテーブルはかなりカジュアルなものです。

七夕のお茶会などではなく、家庭や親しいお仲間で楽しむ設定で、

正式なことを知ったで自分流に七夕を楽しんでいただけたら・・・と。

そんなスタンスのテーブルをご紹介いたしました。

 

 

 

 

食後のお菓子は、「七夕」のものではなく

せっかくの6月末のレッスンですから、「水無月」を召し上がっていただいて厄落としを♪

 

 

 

 

 

今回は、梶の葉と和紙の色紙をお土産に持って帰っていただきました。

みなさん、7月7日には七夕の食卓をどうぞ楽しんでくださいね。

今月もご参加いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて七月のレッスンは

★夏のお誘い 〜涼を呼ぶ器たち〜

7月26日(水)  13:00〜15:30

7月26日(水)  18:30〜21:00

7月27日(木)  11:00〜13:30

です。

 

 

 

ご参加お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」 エレガンスブルーなアフタヌーンティ〜ドレスコードは水色で〜
2017.06.02

こんにちは、小松早苗です。

 

六月に入ってしまいましたが、遅ればせながら五月のレッスン報告を。

 

 

五月は「エレガンスブルーなアフタヌーンティ〜ドレスコードは水色で〜」と題してお届けいたしました。

 

五月末、小満 蚕起桑食(しょうまん かいこおきてくわをはむ)の頃のレッスンでした。

お迎えは、水口祭りの室礼で。

 

レッスン初めはいつもの通り、二十四節気七十二候を確認し、

田植えの時期ですね〜〜と話しながら

なぜ、つくね芋?などと、稲作と日本文化との関係に触れたり。。


このようにいつもレッスンは、参加者の方と共に季節を感じることからスタートします。

 

 

 


そして、今回のレッスンの本題へ。
イギリスのアフタヌーンティーの歴史やトラディショナルな様式についてレクチャー。

でも、作っていくテーブルは
そのような正式なものではなく、

ご家庭で気軽に楽しむ、でもちょっとお洒落なお茶会のテーブルです。

 

メインで使っていく今月の「日本の器」はこのシリーズ。

 

 

 

有田焼プラチナ牡丹。
まさにエレガンスブルーでしょ?


 

 

ガラス長皿
アクリルお重箱
有田焼プラチナ牡丹陶器
有田焼プラチナ牡丹カップ&ソーサー
有田焼プラチナ牡丹ケーキ皿

  

 

 

エレガンスブルーなプラチナ牡丹とガラスやアクリルなどの無彩色な器に、

黄色をアクセントカラーとしたテーブル。
それにお料理やお菓子がのると、いっきに華やかで楽しいテーブルにかわります。

 

 

 

 

 

 

 

これからの季節、美しく涼やかに食卓を演出してくれるアクリルお重箱。

奥は、お重の中に丸いガラス皿にのせたフルーツを置き、そのお皿の回りにクラッシュアイスをいれています。

最後まで冷たく召し上がっていただけます。

 

 

 

今回のサンドイッチのパンは、銀座の行列のできる食パン専門店、セントルザベーカリー!

はい、西巻が朝八時から並んで買って参りました!


このパンのあまりの美味しさにみなさん衝撃!
まずは、セントルザベーカリーの話で盛り上がります。
そして、
スコーンやサンドイッチの具材のレシピのお話。

クラシカルアフタヌーンティの定番サンド、きゅうりのみのサンドイッチ。

きゅうりは白ワインビネガーにつけています。

ハムはペーストに。
さらに
昨年暮に青山骨董通りにできたフランスの冷凍食品ピカール(Picard)で、

一時間で売り切れたというミニエクレア!

実はAEONでも売ってました!
などなど。。
お出しした紅茶やその他のスイーツについても会話は弾み、そしてみなさんメモメモ。
今月も喜んでいただけてよかったです(*^^*)

 

 

 

残念なことがただひとつ。。。

 

「ドレスコードは水色で」に応えて、みなさんそれぞれ素敵な「ブルー」を身に着けて来てくださいました。

なのに…そのお写真を撮るのを忘れてしまいました。

ほんとに残念。そして、みなさんごめんなさい。

 

ドレスコードありレッスンは好評で、みなさんとても喜んでくださいましたので、また開催したいと思います。

そして次こそはちゃんとお写真撮りますね!

 

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 



 

 ★6月は
『七夕 〜夏の夜空に一興〜』というテーマでお届けします。

   一興・・・ちょっとした面白さ・楽しみ。

七夕って五節供の一つなんですよね。
「上巳の節供」 「端午の節供」とはいいますが、「七夕の節供」という表現はあまりみかけないように思います。

七夕の起源、歴史、願い、節供といわれる所以などに思いを寄せながら、
"七夕の夜、一興!"のテーブル作りを一緒に楽しみませんか。

 

 

6月28日 (水) 13:00 〜 15:30
6月28日 (水) 18:30 〜 21:00
6月29日 (木) 11:00 〜 13:30
 

 

【知る・愉しむ「日本の器」】

毎月、テーマに沿った器コーディネートをご紹介することにより、

日本の器を知り、愉しみ、親しんで頂く事を目的としたクラスです。。

季節の設え、古くから伝わる年中行事、日本の伝統的な食文化や
器の基礎知識についてのレクチャーもお届けしています。
また、デモテーブルでお食事を楽しみながらの歓談も大きな魅力のひとつです。

  

毎回
・季節や日本文化、器についてのレクチャー
・生徒さんそれぞれの器合わせ実技
・デモテーブルのご紹介
・会食

 

の流れでお届けしています。

 

  

初めての方も大歓迎!

時々「参加してみたいけど、敷居が高そう…」というお声も聞くのですが、
決してそんなことはありませんよ。

どうぞ、お気軽に一度いらしてみてください。


  

場所: 東京都江東区豊洲駅より徒歩8分
 (ご参加のお申込みをいただいた方に詳細をお知らせいたします。)

   

複数回チケットはお友達とシェアされて一緒にご参加いただくことも可能です。

 

・一回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99813999
・ペアチケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=115562886
・三回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815145
・六回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815425 
 

   

お問い合わせ、参加希望の方は、info@antennnart.jp、または、FBページよりご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」 ハレの日の食卓〜端午によせて〜
2017.04.27

 

こんにちは、西巻顕子です。

4月のレッスン報告は、久しぶりに私西巻がお届けしたいと思います。

 

4月のレッスンテーマは、「ハレの日の食卓〜端午によせて〜」

 

端午の節供のテーブルをご紹介しながら、
文字通り、端午に寄せて…、
ハレとケ、節供、食卓の真行草などについてお話しさせていただきました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、テーブル、室内

煮物椀 日月椀
取り皿(シルバー) 銀箔丸盛皿
中央大皿 丹羽焼市野秀作

酒器 ガラスちろり

 

端午は五節句の一つですので、

食卓の格としては行(セミフォーマル)。

正式には、引き盃もセッティングして格式高いテーブルにする事が望ましいとされていますが、

そうなると、器の格も揃えなければならず

なかなか難しいのが現実ですよね…(>人<;)

 

ですので、

 

まずは、できるだけ行に近づけたテーブルをみていただき、

そして次に、ガラスの器を多用してカジュアルダウンしたもの。

と、ふたつのバージョンをご紹介いたしました。

 

グラスピーボワイングラス

ガラス小鉢金箔鉢

アクリル重箱

 

  

旬のホタル烏賊の辛子味噌和えを、和硝子の器に。

おてしょ皿には、お凌ぎとして一口お赤飯、などなど。

器使いを楽しみます!
   


アクリルお重箱には、筍をすり下ろしたドレッシングが珍しい「豚バラ肉とタケノコのサラダ仕立て」

  予約のとれないお店「賛否両論」の笠原将弘さんのレシピから、スタッフ小松が作ってくれました。
 

お重下段には柏餅が控えています。
  

締めのお食事は、 

蕗とあなごのご飯に、沢煮椀。

  

私共は、お料理はプロでもなんでもないので本当に大した事はできないのですが、

小松のお料理は好評です!

私も大好きで、いつもゲストの方々とお腹いっぱい幸せです❤️

今回もご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

★五月は、初めての"ドレスコードありレッスン"!

 

5月24日(水)  13:00〜15:30
5月24日(水)  18:30〜21:00
5月25日(木)  11:00〜13:30

  

『エレガンスブルーなアフタヌーンティー 〜ドレスコードは水色で〜』

  

というテーマでお届けします。

ブラウスでも、
お着物の帯締めでも、

アクセサリーでも

ハンカチでも、
髪止めでも
なんでもいいので、ブルーのものを一点身につけてお出かけくださいませ。
みなさまのご参加お待ちしております。

  
 

 【知る・愉しむ「日本の器」】

毎月、テーマに沿った器コーディネートをご紹介することにより、

日本の器を知り、愉しみ、親しんで頂く事を目的としたクラスです。。

季節の設え、古くから伝わる年中行事、日本の伝統的な食文化や
器の基礎知識についてのレクチャーもお届けしています。
また、デモテーブルでお食事を楽しみながらの歓談も大きな魅力のひとつです。

  

毎回
・季節や日本文化、器についてのレクチャー
・生徒さんそれぞれの器合わせ実技
・デモテーブルのご紹介
・会食

 

の流れでお届けしています。
 

  

初めての方も大歓迎!

時々「参加してみたいけど、敷居が高そう…」というお声も聞くのですが、
決してそんなことはありませんよ。

どうぞ、お気軽に一度いらしてみてください。
  

場所: 東京都江東区豊洲駅より徒歩8分
 (ご参加のお申込みをいただいた方に詳細をお知らせいたします。)

   

複数回チケットはお友達とシェアされて一緒にご参加いただくことも可能です。

 

・一回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99813999
・ペアチケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=115562886
・三回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815145
・六回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815425 
 

   

お問い合わせ、参加希望の方は、info@antennnart.jp、または、FBページよりご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 



 

 

3月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」 春 〜感謝の気持ちを伝えたくて〜
2017.03.30

JUGEMテーマ:テーブルコーディネート

 

 

「あの人をさくらの頃にまた思ふ」

桜並木を歩きながらそんな句がふっと浮かびました。。

 

なーんて、、、

ごめんなさい。先日なにかで読んで印象に残った句をお借りしております。

 

こんな句をさらっと詠める人に憧れるけど、

桜をみても、ただ

「きれい」

それしか言えない…

 

そんな悲しい小松がご紹介する

知る・愉しむ「日本の器」3月のレッスン報告。。。

今回も拙い文章ですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


春は
卒業 入学 転勤 お引っ越し‥‥
出会いと別れの季節。

3月のレッスンテーマは、
「春 〜感謝の気持ちを伝えたくて〜」
と題してお届けしました。

 

感謝の気持ちを込めたテーブル作りのためにはどんなことが必要なのか
そんなお話を交えながら‥‥

ご紹介したデモテーブルはこちら。

 



印象的な金魚のランナー!

ブログアップより前に
こちらのテーブル画像をInstagramにアップしたところ、
「何故に金魚?」
というお問い合わせが続々。


デモテーブルを作るにあたり、
どんなシチュエーションで
何に感謝するテーブルを作るのか
ということを二人で話し合いました。

で、かわいいかわいい一人息子がこの3月に卒園を迎える西巻顕子。

仲よくしてくれたママ友をご招待するテーブルを作る!


以下、
コンセプト by 西巻

私が住んでいる地域は金魚の養殖が盛んです。
三年前、不安いっぱいでこの地に引っ越して来ましたが、

出会いに恵まれ、ご近所に沢山の友人が出来ました。
でも息子が卒園するこの春、様々な事情で
この地を離れる人や
なかなか会えなくなってしまう人もいたりして、少し寂しい春でもあります。
というわけで、
金魚の街で知り合った大切なママ友たちに
私から今までの感謝の気持ちを込めて、
金魚のランナーでおもてなし。

 

 




お料理は、
トマトゼリー
鯛の昆布締め桜仕立て
空豆

焼きなすと春キャベツのサラダ
鮭の粕漬け 蕗の薹 舞茸の天ぷらを添えて
お寿司
長芋と春菊のお吸い物
和菓子 緑茶
という流れで。

お酒は、ジェイコブスクリークス和 や日本酒スパークリングをご用意しました。


レクチャーはお箸について。

和食における箸の意味

箸の種類と用途による使い分け 等々
痛み箸についてもみんなで確認しあいました。
結論、
わかってるつもりだったけど無意識にやってることあったりして

これ、何ヵ月かおきに確認しあったほうがいいねー
ということになりました。


今月も初参加の方をお迎えしました。
レッスンの日の七十二候は
「雀始巣(すずめはじめてすくう)」でした。
その話から
雀の子は春の季語だという話になったところで、

なんと!

その初参加ゲストは、小林一茶の俳句を100句英訳されていると!!!


はい、

今月も素敵なゲストの方々と中身の濃い時間を過ごさせていただきました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

【 知る・愉しむ「日本の器」】

毎月、テーマに沿った器コーディネートをご紹介することにより、

日本の器を知り、愉しみ、親しんで頂く事を目的としたクラスです。。
季節の設え、古くから伝わる年中行事、日本の伝統的な食文化や
器の基礎知識についてのレクチャーもお届けしています。
また、デモテーブルでお食事を楽しみながらの歓談も大きな魅力のひとつです。

 

次回レッスンは…
★テーマ:ハレの日の食卓 〜端午に寄せて〜

  4月26日(水)  13:00〜15:30

  4月26日(水)  18:30〜21:00

  4月27日(木)  11:00〜13:30

五節句の中でちょうど端午が近いのでテーマとしましたが、

文字通り、端午に寄せて…、

端午を題材にして、ハレとケ、節供、食卓の真行草などについてお話していきたいと思います。

 

 

初めての方も大歓迎!

みなさまのご参加お待ちしております。

時々「参加してみたいけど、敷居が高そう…」というお声も聞くのですが、

決してそんなことはありませんよ。

どうぞ、お気軽に一度いらしてみてください。

 

 

 

場所: 東京都江東区豊洲駅より徒歩8分
 (ご参加のお申込みをいただいた方に詳細をお知らせいたします。)

   
参加費:8,100円 (軽食付)
チケットをAntennArt サイトよりお買い上げください。 
チケット料金 8,100円/1チケット
       15,984円/ペアチケット(7,992円/1回)
       23,220円/3回チケット(7,740円/1回)
         45,360円/6回チケット(7,560円/1回)
                 *全て税込

複数回チケットはお友達とシェアされて一緒にご参加いただくことも可能です。

 

・一回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99813999
・ペアチケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=115562886
・三回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815145
・六回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815425 
 

お問い合わせ、参加希望の方は、info@antennnart.jp、または、FBページよりご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 















 

2月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」〜おてしょ皿に魅せられて〜
2017.02.28

JUGEMテーマ:和食器通販

 

 

 

こんにちは、スタッフ小松です。
 

 

「おてしょ皿に魅せられて」というテーマでお届けいたしました、2月のレッスンの様子をご紹介いたします。

レクチャーは、
おてしょ皿の歴史や
伊万里・有田の手塩皿collection創出プロジェクトのお話、

そのお手本になった「柴田夫妻コレクション」のお話などなど


そして


玄関の設えを "ひな祭り" でお迎えしましたので、
飾っていたかわいい紀州雛の話題から紀州漆器についてもお話しました。





そのあとは

おてしょ皿を使って、生徒さんがそれぞれ一人コーディネート作成。
 

 

 

どういう設定なのかも説明していただきます。

みなさん、すっごく楽しそうです!

 

 

 


そして、デモテーブルは‥‥

 

 




桜の木の下でごちそうを広げているイメージです。
クラスによって、テーブルクロスを変えてみました。
センターにいけた桜の枝だけでなく、さくら柄の帯ランナーの上もたっぷり余白をとって、

ランナーの桜の花びらを見ていただくのもお花見です。


お料理は、
ポテトサラダ、蒟蒻のきんぴら、だし巻き玉子、キャロットラペ、菜の花のからし和え、紅芯大根の甘酢漬け、牡蠣のオイル漬け、白菜の肉巻き、、、etc
色のきれいなお野菜スティックにアボカドデイップ。
ラストのごはんには粕汁を添えて‥‥

(粕汁はちょっと春のイメージとは違いますが、凄くいい粕をいただいていたので召し上がっていただきたかったのです(^^; )

気付けば13品作ってましたが、すべてほんとにお惣菜、常備菜的なものです。
でも、冷蔵庫の残り物のようなものも、おてしょ皿に少しずつのせて、このようなテーブルにすると、

ちょっとおしゃれ、おうちでお花見気分を味わえると思われませんか?・・・というご提案(^^♪

 

 

 


今回は、

どのクラスにも初参加の方をお迎えして、

いつにもまして楽しいひとときになりました。
ご参加いただいた皆さまありがとうございましたm(__)m

 




3月のレッスンは

 

〜〜「春」感謝の気持ちを伝えたくて〜〜 

 

というテーマでお届けいたします。

 


22日(水)13時30分〜15時30分

  ⇒https://www.facebook.com/events/623620377845277/
22日(水)18時30分〜20時30分

  ⇒https://www.facebook.com/events/759332354233455/
23日(木)11時〜13時
  ⇒https://www.facebook.com/events/1774482689537345/

 

※3月より、夜クラスが木曜から水曜に変わります。


場所: 東京都江東区豊洲駅より徒歩8分
 (ご参加のお申込みをいただいた方に詳細をお知らせいたします。)

   
参加費:8,100円 (軽食付)
チケットをAntennArt サイトよりお買い上げください。 
チケット料金 

 8,100円/1チケット
 23,220円/3回チケット(7,740円/1回)
 45,360円/6回チケット(7,560円/1回)
               *全て税込

複数回チケットはお友達とシェアされて一緒にご参加いただくことも可能です。

 

・一回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99813999
・三回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815145
・六回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815425  

みなさまのご参加お待ちしております。。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

1月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」 〜立春大吉 Spring has come!〜
2017.01.28

JUGEMテーマ:和食器通販

JUGEMテーマ:伝統文化

JUGEMテーマ:テーブルウェアフェスティバル

 

 

 

こんにちは、小松早苗です。

一月も早いもので残りわずかになってきました。
ということは、東京ドームテーブルウエアフェスティバルも、もう間近ということでございます。

いえ、間近というか明日からです。

昨年、テーブルコーディネートコンテストで大賞をとりました弊社社長西巻顕子は、

器部門大賞受賞者の坂井直樹さんとのコラボ展示をさせていただきます。
今日はその設営に行って参りました。

 


 

 

 

すごく素敵な作品になったと思っています。(自画自賛 オユルシクダサイ)

東京ドームテーブルウエアフェスティバルは

1月29日(日)〜2月6日(月)までです。

もしお出かけになりましたら、コラボブースに足をとめていただけると光栄です。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

作品紹介は、後日、西巻から直接させていただくことにして、、
今日は1月のレッスン報告をお届けしたいと思います。

 

 

 

今月は、いつもの豊洲から場所を変えて、食器商社さんのショールームで開催いたしました。
テーマは「立春大吉 Spring has come!」
レクチャーは、

節分や立春の話から、節目の日に食卓を整える意味についてお話させていただきました。



ほんとにみなさん熱心に聴いていただき、

そして、

そこに参加者の方の知識も加わり、

学びの場としてどんどん充実したものになっていきます。

 

 




レッスンのあとは、お買いものタイム!
ショールームのたくさんの素敵な商品にみなさん目移りしながら、、
特別価格でのお買いものを楽しんでいただきました。


今回はショールームでのレッスンということで、

いつもお出しするお料理は出せませんので、

お土産をつけさせていただきました。

廣尾瓢月堂の六瓢息災

「本年初めてのレッスン、
今年もよろしくお願いいたします。
そして、皆様の今年が "無病息災" の健やかな一年でありますように‥‥」

 

という気持ちをこめて。。。

 

 

レッスン後は、近くのイタリアンのお店でみなさんとご一緒にランチ。

こちらも盛り上がり、2017年気持ちよくスタートできました。

参加者のみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

さて、

2月は「おてしょ皿に魅せられて」

直径11センチ以内の小皿を、おてしょ皿(手塩皿)と呼びます。

京都・朝廷の食卓で、手元に塩を盛る器として使われたということから、

手塩皿(おてしょ皿)と名付けられたと言われています。

江戸時代に有田にて数多く作られたおてしょ皿。

有田焼創業400年を迎えた2016年、

『伊万里・有田焼 手塩皿collection創出プロジェクト』により、

先人の優れた技術や情緒・センスを復刻すると同時にオリジナル作品の制作など、

現代のおてしょ皿コレクションが創出されました。

2月のレッスンは、そんな有田のおてしょ皿を中心に豆皿の魅力に迫ってみたいと思います。

 

日時:2月23日 (木) 18:30 〜 21:00 

同レッスン内容で、下記日程でも行います。
2月22日 (水) 13:30 〜 16:00
  ⇒https://www.facebook.com/events/667609250078686/
2月23日 (木) 11:00 〜 13:30
  ⇒https://www.facebook.com/events/1745979809063780/

場所: 東京都江東区豊洲駅より徒歩8分
 (ご参加のお申込みをいただいた方に詳細をお知らせいたします。)

   
参加費:8,100円 (軽食付)
チケットをAntennArt サイトよりお買い上げください。 
チケット料金 8,100円/1チケット
       23,220円/3回チケット(7,740円/1回)
       45,360円/6回チケット(7,560円/1回)
                 *全て税込

複数回チケットはお友達とシェアされて一緒にご参加いただくことも可能です。

・一回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99813999
・三回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815145
・六回チケット購入先
http://www.antennart.jp/?pid=99815425  

参加希望の方は、直接メッセージでもOKです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

料理 丁寧に作ることの大切さ
2017.01.13

こんにちは、小松早苗です。


ブログでの新年のご挨拶が遅れてしまいました。
明けましておめでとうございます。
今年も頑張って少しづつでも更新していきたいと思います。応援よろしくお願いいたしますm(__)m



さてさて、
昨日は2ヶ月に一回伺っているお料理教室でした。
でも朝起きると喉が焼けるように痛く身体がだるい‥‥
休もうかなーと思ったのですが、やはり材料など用意してくださってることを思うと、
行けないほどのだるさではありません。

頑張って行って来ました。
途中で少ししんどくなって、さりげに座ったりしながらも(苦笑)
やっぱり行ってよかったです。
すっごくお勉強になります。



献立は
鯛の昆布締め
鶏の水炊き(これは生徒のリクエスト)
五目煮豆
菜の花の辛子あえ

家庭料理でも定番のメニューですが、自分流にちゃちゃっと作ってるものとは全然違います。

大きさ長さを丁寧に揃える
包丁を入れる方向
五目煮豆の材料を鍋にいれるときのそれぞれの必要時間を考えた微妙な調整等々

和え物も最終和える前に一度出汁につけ、それをしっかり絞ってから、合わせた調味料で和える。
そうすることによって水っぽさがなくなるのです。

丁寧に作ることの大切さ、効果を実感します。



漆器は輪島塗稲忠、平安象彦、おちょこはバカラ、陶器磁器も骨董や作家さんの素敵な器で出してくださり、器についても目の保養をさせていただいています。


学んできたことをちゃんとやらないとね(^^; 渇!


しかし‥‥
帰ってきたら熱が8度5分(//∇//)
息子たちの夕御飯作りを放棄して即寝ました!
おかげで熱は下がりましたが、今日一日はゆっくりして完治させたいと思います。
みなさんも気を付けてくださいね。



さて、一月の〈知る・愉しむ「日本の器」〉1月26日11:00〜のレッスンはいつもの豊洲教室ではなく、会場を代えて行います。特典付!
詳細はこちら⇒一月スペシャルレッスン
場所はどこ?
特典ってなに?
お問い合わせいただいたあとで出欠を考えていただければ結構ですよ。まずはお問い合わせくださいませ!


★2017年1月テーマ:立春大吉〜Spring has come〜
25日(水)13時30分〜15時30分
26日(木)11時〜13時
26日(木)18時30分〜20時30分

★2月テーマ:「おてしょ皿」に魅せられて
22日(水)13時30分〜15時30分
23日(木)11時〜13時
23日(木)18時30分〜20時30分

★3月テーマ:「春」感謝の気持ちを伝えたくて
22日(水)13時30分〜15時30分
23日(木)11時〜13時
23日(木)18時30分〜20時30分



   

12月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」〜人日 無病息災を祈る朝〜
2016.12.23

JUGEMテーマ:伝統文化

JUGEMテーマ:和食器通販

 

 

12月のレッスンの様子のご報告です。

 

テーブルコーディネート教室12月のレッスンの定番といえば、

まちがいなく『お正月』ですが、今年は『人日』をテーマにしてみました。

1月のレッスンでは、もう終わってしまってますもんね。

『人日』は、れっきとした五節句のひとつですから、

慌ただしい朝ですが、やっぱりすこーしけじめのある食卓にしたいものです。

 

今回ご紹介したデモテーブルはこちら。

 

 

節供ですので、お箸は縦置きにはしたくなかったのですが、

デザインでこのように落ち着いてしまいました。

テーブルクロスはせずに、ブリッジランナーに。

ブリッジランナー……実は、吉祥模様の風呂敷を半分に折って使っています。

生徒さんに大好評で、みなさん、欲しい〜〜と。購入した銀座の呉服屋さんをお教えしました。

 

実は私も最初1枚買ってみて、

やっぱりいい!今回これをブリッジランナーに使おう!

と決め、もう一枚追加購入したのです。

ラストの1枚だったのでお店に電話して取寄せてもらって、、、

そのあと今度は生徒さん達が買いに行かれましたから、

あの呉服屋さん、なんでこれが立て続けにに何枚も売れるんだ??と不思議に思ったんじゃないかな〜。

 

と、脱線しました。

 

この日のお料理は、若草粥というのもな〜と思い

冬至の献立"ん盛り"を意識してみました。

れんこんの甘酢漬け

かぼちゃと小豆のいとこ煮

きのこと水菜の和え物柚子風味

そしてここからちょっとお遊びで、うどんをいれた広島のお好み焼きを!

 

お好み焼きをテーブルコーディネートのレッスンで出すのはどうかな?と思ったのですが

金彩ばらのお皿にちょっと気取った感じでお出ししてみました。

これが大好評!

みなさんに大絶賛いただき、ほっ。

 

なのですが、なぜかお料理の写真が1枚もない。。。

お好み焼きに盛り上がりすぎて、西巻も私も写真を撮るのをすっかり忘れていたようです。

 

そんな今回のレッスンでしたが

レクチャーは冬至と人日のお話をさせていただきました。

 

人日については、私小松のBrogデビュー、伝説のこの記事をご覧くださいませ。

http://info.antennart.jp/?eid=18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一陽来復 〜穴八幡宮へ〜
2016.12.21

JUGEMテーマ:伝統文化

JUGEMテーマ:和食器通販

 

こんばんは 小松早苗です。


本日は冬至ですね。
かぼちゃを食べて、ゆったり柚子湯にお浸かりになりましたでしょうか?


今日、わたしは穴八幡宮に「一陽来復」のお札をいただきに行ってまいりました。







すごい人にびっくり!
一瞬帰ろうかと思った位です(^^;

冬至とは思えない強い日差しに耐えながら、どうにか無事にお守りをゲットしてきました。

 

 

「陰極まって陽に転じる」日、冬至。

わたしの回りの「陰」もこの日を境に「陽」に転じますように…と、手を合わせてまいりました。

でも、

これは神様に、そうなりますようにと祈るというよりも、
「お参りに行くことによって自分の意識を変える」という作業だったような気もします。



明日からは一日一日お昼が長くなっていきます。
さあ、ここでまた気持ちを改めて頑張っていきましょう!

(と、自分に言い聞かせております(^^; )







明日は本年最後のレッスンです。

テーマは「人日〜無病息災を祈る朝〜」ですが、しつらえは「冬至」でお迎えいたしますね。
お待ちしております。どうぞ気を付けていらしてくださいませ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

12月のレッスンテーマは、

「お正月」
となるのが王道ですが

今年はちょっと趣向をかえて
「人日」をテーマにお届けしたいと思います。
 

1月7日は、七草粥を食べる日・・・!?

ですが、れっきとした五節句のひとつ「人日」です。

その意味を確認しながら、けじめの朝にふさわしい食卓を一緒に作っていきましょう。

    こちらは、人日についての過去記事です。⇒http://info.antennart.jp/?eid=18

      (懐かしい私のブログデビュー、初めて書いた記事ですが、今読み返すと異常なテンションで恥ずかしい。。。)

 

 

「人日〜無病息災を祈る朝〜」

 

12月22日 (木) 11:00 〜 13:30
  ⇒https://www.facebook.com/events/1696634487321544/

 

12月22日 (木) 18:30 〜 21:00
  ⇒https://www.facebook.com/events/1104141903036791/

 

ご興味ありましたら、FBイベントページまたはinfo@antennart.jpまでお問い合わせください。

ご参加お待ちしています(^-^)ゝ゛

 

 


 

★2017年レッスンスケジュール

◇1月 テーマ:立春大吉〜Spring has come〜
18日(水)13時30分〜15時30分
19日(木)11時〜13時
19日(木)18時30分〜20時30分

◇2月 テーマ:「おてしょ皿」に魅せられて
22日(水)13時30分〜15時30分
23日(木)11時〜13時
23日(木)18時30分〜20時30分

◇3月 テーマ:「春」感謝の気持ちを伝えたくて
22日(水)13時30分〜15時30分
23日(木)11時〜13時
23日(木)18時30分〜20時30分

 









 

11月のレッスン報告 知る・愉しむ「日本の器」テーブルコーディネート教室 「レトロモダンなクリスマス」
2016.11.23

JUGEMテーマ:和食器通販

こんにちは、小松早苗です。


11月のテーブルコーディネートレッスンの様子、クリスマスのテーブルをご紹介しますね。





今回は特に、
クリスマスというビッグイベントのおもてなしシーンなので、
いつにもまして
ゲストがお部屋に入った瞬間に
「わ〜〜!!」
ってサプライズの声があがりますように‥‥
という思いをこめた、まぶしいテーブルです(*^^*)

ゴールド×黒×ガラス
思いっきり、キラッキラのクリスマステーブルにしてみました。


中央は、
IKEAの鏡を組み合わせその上に
先日のレッスンのクリスマススワッグ(こちらは先生の見本、私制作のは玄関でゲスト様をお迎えです)
キャンドル、
そして
スガハラの二種のグラスにアクセサリーやナプキンリング、オーナメントを組み合わせて‥‥







今回のレッスンでお伝えしたかったことは

・例えば6人のゲストに対して、お揃いの6枚セットがなくても大丈夫。

・物の使い道の発想を自由に
今回は、ネックレス、ピアス、バングル、ナプキンリングもフィギィアとして使っています。
私のステージ用キラキラアクセサリーを駆使しました(^-^)v

鏡もお化粧のためだけに非ずです!

スワッグだって吊るすだけでなくテーブルセンターに置いたっていいんじゃない?と‥‥

いかがでしょうか?








レクチャーは、

そんな自由な発想でテーブル作りを楽しんでください
ということと、
今回使用した「ノリタケ」についてお話しました。

創業からの歴史。。
オールドノリタケの話。。

創業者MORIMURA Brothersの国を憂う熱い思いから始まったノリタケの歴史は、

話していると私もつい興奮してしまいました(^^;
 

 

 

アフターレッスンは‥‥
はい!

「cheers! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆」




お料理は
キャロットラペ
明太子のディップ
パテ・ド・カンパーニュ
鶏肉とレンズ豆のトマト煮込み

パテにはピスタチオをいれ、全体的に赤と緑を意識したお料理にしてみました。


(↑レッスンの残り物での息子の深夜晩ごはん。)




こんな感じでやっております豊洲のテーブルコーディネート教室。

みなさま一度いらっしゃいませんか?
 

 

12月のレッスンテーマは、

「お正月」
となるのが王道ですが

今年はちょっと趣向をかえて
「人日」をテーマにお届けしたいと思います。
 

1月7日は、七草粥を食べる日・・・!?

ですが、れっきとした五節句のひとつ「人日」です。

その意味を確認しながら、けじめの朝にふさわしい食卓を一緒に作っていきましょう。

    こちらは、人日についての過去記事です。⇒http://info.antennart.jp/?eid=18

      (懐かしい私のブログデビュー、初めて書いた記事ですが、今読み返すと異常なテンションで恥ずかしい。。。)

 

 

「人日〜無病息災を祈る朝〜」

12月21日 (水) 13:30 〜 16:00
  ⇒https://www.facebook.com/events/1788820141385303/

 

12月22日 (木) 11:00 〜 13:30
  ⇒https://www.facebook.com/events/1696634487321544/

 

12月22日 (木) 18:30 〜 21:00
  ⇒https://www.facebook.com/events/1104141903036791/

 

ご興味ありましたら、FBイベントページまたはinfo@antennart.jpまでお問い合わせください。

ご参加お待ちしています(^-^)ゝ゛

 

 


 

★2017年レッスンスケジュール

◇1月 テーマ:立春大吉〜Spring has come〜
18日(水)13時30分〜15時30分
19日(木)11時〜13時
19日(木)18時30分〜20時30分

◇2月 テーマ:「おてしょ皿」に魅せられて
22日(水)13時30分〜15時30分
23日(木)11時〜13時
23日(木)18時30分〜20時30分

◇3月 テーマ:「春」感謝の気持ちを伝えたくて
22日(水)13時30分〜15時30分
23日(木)11時〜13時
23日(木)18時30分〜20時30分

 

 

 

 

  

 

 

 

 




 

AntennArt(アンテナート)で取り扱う器は、テーブルコーディネーターがセレクトした、和食器を中心に、普段使いの和食器や、特別な時の器、
ホームパーティ等で参考になる、テーブルコーディネートをしやすい器の使い方や、和食器の利用法をお伝えしております。
日本の伝統工芸品をテーブルコーディネートという手段で、応援し、伝統的な和食文化を残し伝える事を目的に運営しております。

Page Top